カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

キハ85 ホームライナー太多 

CIMG9934_R_2017071720580050b.jpg
キハ85-1100にTNカプラーを取り付けました。

CIMG9966_R.jpg
JC6357を使用し、ホースが1本多かったのでカットしています。

CIMG9948_R.jpg
床板をカットして現物合わせで取り付けた簡単な施工です。
とはいえ、313系をTN化するよりは手間がかかりました。

CIMG9951_R_20170717205803229.jpg
どちらかというと先頭の見栄えを向上させるための施工なので、中間に入る先頭車はそのままです。

CIMG9954_R.jpg
連結機能は生きていますし、KATOカプラーも小加工でTNカプラーを連結させることも出来るので、特に支障は無いと思われます。

CIMG9970_R_20170717205808024.jpg
動力ユニットも組込み、これにてホームライナー太多完成です。
厳密にはキハ25登場前に無くなってしまいました・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

飯田線リレー号に乗りに行く 2 

さて、先日の続きです。

CIMG0075_R_20170704230626100.jpg
飯田線リレー号は入線から程なくして発車します。

CIMG0076_R_20170704230628283.jpg
車内では沿線の観光案内や地元の方々のおもてなし、そして沿線で手を振ってくださる方も多く退屈しません。

CIMG0080_R.jpg
途中の伊那市駅では15分ほどの停車時間があり、ここでも地元の人々の歓迎で迎えられます。

CIMG0083_R.jpg
こんなカードも頂きました。
車内などのJR東海の職員さんの対応も凄くよく、東海がますます好きになるきっかけにもなりました。

CIMG0086_R_2017070423063134a.jpg
楽しい時間もすぐに終わってしまうもので、あっという間に終点の駒ヶ根駅です。
この手のイベント列車に乗るのは初めてですが、車内でも退屈しないように様々な取り組みがされておりあっという間の1時間でした。

CIMG0088_R.jpg
一見晴れているように見えますが、実はこれでも雨が降っています。レンズが・・・
それでも道中中央線内ではかなりの雨が降っていて心配したのですが、この程度で済んで良かったのかもしれません。

CIMG0094_R_20170704230634949.jpg
8500番台が飯田線にいるのも新鮮です。
これにて飯田線の見乗区間は平井信号場~駒ヶ根となりました。

CIMG0109_R_2017070423063762c.jpg
駒ヶ根駅でも出店が多く出ていて歓迎を受けました。

CIMG0110_R_2017070423063929a.jpg
昼食は駒ヶ根の名物らしいソースカツ丼にしました。

CIMG0117_R_20170704230642a71.jpg
帰りは飯田線を乗り通すのも面白いですが、そんな時間は無いので元来た道を折り返します。

CIMG0116_R_20170704230641bdf.jpg
帰りの車両は213系5000番台。乗車するのは初めてです。

CIMG0121_R_2017070423064383b.jpg
中央線に乗り入れる茅野行きです。

CIMG0141_R_20170704230757da1.jpg
そのまま茅野駅まで乗り通しました。

CIMG0129_R_20170704230645124.jpg
中央線で東海の車両が乗り入れる最東区間です。

CIMG0131_R_20170704230646d4b.jpg
来る機会が少ないのでなかなか新鮮ですね。

CIMG0137_R.jpg
CIMG0139_R_2017070423075656d.jpg
車両はそのまま止めておかれ、飯田線の平岡行きとなります。

CIMG0144_R_20170704230800aeb.jpg
CIMG0143_R_2017070423075971c.jpg
と言うことで、屋根の資料写真を。
211系6000番台を制作中ですが、屋根上のヒューズボックスの位置が分からなかったのです。
今回は213系ですが、屋根は同じなので丁度良い機会になりました。

CIMG0147_R_201707042308025a1.jpg
茅野駅にはC12が保存されているので見に行きましたが、レンズが曇ってしまいました・・・

あずさに乗るため、再び茅野駅に戻りましたが・・・
IMG_20170701_174645-1.jpg
!?
四季島ことE001形とのまさかの遭遇です。
これは予想してませんでした。

CIMG0149_R_2017070423080489e.jpg
CIMG0151_R_201707042308053c2.jpg
予想外の遭遇に驚きましたが、あずさで帰宅しました。

テーマ: 鉄道

ジャンル: 趣味・実用

△page top

飯田線リレー号に乗りに行く 1 

7月1日から信州デスティネーションキャンペーンが開幕しました。
それに併せて様々な臨時列車が企画されています。
こうした列車はいつもあまり興味が無いのですが、私が目を引いたのが飯田線リレー号です。
新宿から南木曽まで旧線経由で走る同じく臨時の木曽あずさ号に辰野で接続する臨時列車です。
通常ですと373系辺りが適任かと思われますが、抜擢されたのは313系8500番台。
元々飯田線に乗ってみたいというのもありましたし、313系8500番台が飯田線を走るということで指定席をとりました。

CIMG0020_R_201707022243092e1.jpg
まずはいきなり新宿駅です。
木曽あずさの切符が取れれば一番良かったのですが、取ることが出来なかったので普通に行きます。

CIMG0021_R_2017070222431111a.jpg
地味にE351系に乗るのは初です。
この車両も先が見えてきましたね。

CIMG0022_R.jpg
道中は特に何も無いので飛ばして岡谷駅。

CIMG0023_R_2017070222431358b.jpg
ここで飯田線直通の列車に乗り換えます。

CIMG0024_R_201707022243152f4.jpg
車両はJR東海おなじみの313系。
ボックスシートの3000番台です。

CIMG0027_R.jpg
天竜峡行き。

CIMG0029_R.jpg
実質飯田線の始発駅ですが、厳密には辰野駅まで中央線の旧線です。

CIMG0034_R_2017070222432128f.jpg
岡谷駅から2駅目が辰野駅。

CIMG0032_R_20170702224319557.jpg
丁度、同じく旧線を通る塩尻行のE127系が停車していました。

CIMG0038_R_2017070222432255f.jpg
313系との並びは塩尻でも見れますね。

CIMG0040_R_20170702224324ae2.jpg
中央線の旧線も乗ってみたいのですが、今回は飯田線リレー号が目的です。

CIMG0044_R_20170702224325fbf.jpg
木曽あずさに接続するから飯田線リレー号なのに、リレー出来なかった組なので途中下車して喫茶店で時間をつぶしていました。

CIMG0045_R_20170702224327119.jpg
12時頃に駅へ戻ると丁度入線するところでした。

CIMG0061_R.jpg
信州デスティネーションキャンペーンのヘッドマークが貼られています。

CIMG0054_R.jpg
その後すぐに木曽あずさも到着。
ホームでは地元の方々が特産品を振るまい賑やかです。

CIMG0048_R_20170702224451656.jpg
飯田線で神領の車両というと1700番台でしたら日常的に見られますが、8500番台が走行するのは初めて(?)のことです。

CIMG0063_R.jpg
運転を担当する運転士の方が、記念撮影に応じていただきました。

CIMG0066_R.jpg
このプレートもこちらの運転士の方がデザインされたようです。

CIMG0047_R_20170702224328f2f.jpg
行先は臨時。
種別は無表示でした。

テーマ: 鉄道

ジャンル: 趣味・実用

△page top

TOMIX 313系8500番台 

CIMG9706_R.jpg
TOMIXの313系8500番台です。
よく8000番台とも言われますが、3両編成なので私は8500番台と呼ぶ方が理にかなっていると思うのです・・・

CIMG9714_R_20170623224928b05.jpg
TOMIXの313系の特徴として、ガラスの桟が表面から印刷されています。
実車は1枚窓なので、裏側から印刷が入っているKATO製品の方が実感的です。
また、KATO製品は窓ガラスの色が各種作り分けられていますが、TOMIXのは無色透明です。

CIMG9720_R.jpg
座席も別パーツにはなっていますが、他車から流用されており座席配置が異なっています。

CIMG0762_R_20170623225039aa8.jpg
別パーツを取り付けられるような床板なのに、なぜ新規で作らなかったのでしょうか・・・
この辺りもKATO製品は各種作り分けられています。

CIMG0763_R_20170623225053f1e.jpg
ただし、KATOのものでも8500番台に関しては5000番台の座席が流用されており、セミコンパートメント席が再現されてなかったりします・・・

CIMG9716_R.jpg
締切表示はモールド、ドアスイッチは印刷です。
KATOのものでは8500番台ではどちらもモールドですが、1300・2300番台などではどちらも印刷です。

CIMG9733_R_201706232249332f7.jpg
それと、TOMIXの313系の特徴としてドアが浅いような・・・

CIMG9692_R.jpg
様々な意見を聞きますが、私は各種作り分けられてポイントを押さえているKATOの313系のほうが好きです。

CIMG9711_R.jpg
TOMIXのものはジオマトのステッカーでホームライナー瑞浪に。

CIMG0766_R_20170623225041706.jpg
KATOのものは3連しかありませんが、いつか再販されると信じて6連のセントラルライナーにしたいですね。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

KATO キハ85 

CIMG9671_R_20170609231852360.jpg
KATOからリニューアル発売されたキハ85です。
ワイドビューひだや南紀での活躍が有名ですが、増結セットのみ購入しました。

i00451_R.jpg
理由は太多線で見たホームライナー太多を再現したいためでした。
あくまで、太多線・中央線の車両としての導入です。

CIMG9649_R_2017060923185035d.jpg
実車はひだの富山編成に2両を増結した5両編成。
増結セットが丁度これを再現できます。

CIMG9634_R.jpg
名古屋方先頭車は本来キハ85-200のようですが・・・
製品化されてないのでキハ85-1100で代用します。

CIMG9627_R.jpg
行先はジオマトのステッカーを使用して勿論ホームライナー。

CIMG9646_R_20170609231848817.jpg
CIMG9661_R.jpg
行先は入っていないので上りにも下りにも出来ます。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top