FC2ブログ

カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

トウ27 6 

緩行線(地上用)のE231系には東急製と新津製の2種類の製造元に分かれます。
それらは先頭車屋根のビートの入り方に違いがあります。(900番台、最終増備車を除く)

CIMG0445_R.jpg
上が東急、下が新津

CIMG0450_R.jpg
と言う訳で27番編成は東急製なので、新津製の屋根をプロトタイプにしているTOMIXのE231系の屋根を削って再現します。
車体にも違いがありますが、TOMIXのE231系の車体に関しては東急製がプロトタイプなので問題ありません。
むしろ、新津製にするときには車体を弄らないといけませんが、目立たない箇所なのでそこまで気にならないかと思います。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

B編成貼付終了 

CIMG0440_R_20130509233541.jpg
時間がある時にひたすらドアステッカーの貼り付けを進めています。

CIMG0427_R.jpg
そして、ようやくフル編成で揃うE231系3編成に貼りつけ終わりました。
後はサハが数両ありますが、増結セットの在庫がどこにもないので保留とします。

とりあえず、中央総武線に関係する路線の車両を優先的に進めたいと思います。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

JR東日本のドアステッカー 

CIMG2567_R.jpg
JR東日本のドアステッカー
鉄道模型ではJR東日本の車両は製品化に恵まれていることもあって、このドアステッカーもステッカーだったり、インレタだったり各社から製品化されています。
私は今まで電通車輌製造のものを使用していましたが、しばらく前から電通車輌製造のHPが見れなくなってしまいました。取扱店でも売切品の再入荷もなく、もしかしたら廃業してしまったのかもしれません・・・
このメーカーのステッカーは愛用していただけに残念なのですが、手に入らなくなると代替品を探さなくてはいけません。

CIMG0395_R.jpg
ということで購入してきたのがペンギンモデルのステッカーです。
この製品の良いところは圧倒的な収録数にあります。インレタなどでも製品化はされていますが、収録数が少なく高価なので、数が必要なドアステッカーに使うのは向いていない気もします。確かにカットがいらないことや、厚みが無いという利点もあります。

CIMG0371_R.jpg
車輌に貼りつけてみたイメージがこちらです。
やっぱりドアステッカーがあると車両が生きてくると思います。

CIMG0387_R.jpg
戸袋広告の緑のステッカーも収録されているので、戸袋がある電車に使えば末期の国電のイメージが再現できます。

CIMG0372_R.jpg
数が多いので貼り付けが面倒ですが、時間がある時に徐々に貼り付けを進めていきたいです。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

一昔前の総武快速 

先日マイクロエースの113系1000'番台を購入しました。

KC3O0006-1_20130228233721.jpg
勿論、実際に乗ったことのある快速白い砂仕様にしようと只今加工中です。

とはいえ、113系1000'番台と言えば、総武快速線を15連で疾走している姿が一番の黄金期だと思います。

CIMG2663_R.jpg
そこで、試しに横須賀線―総武線のステッカーを貼ってみました。
ちょっと光漏れがありますが雰囲気は良く出ていますね。昔を思い出します。

今回は白い砂仕様で完成させますが、マイクロエースの113系は色々と問題があるのでどこからか113系1000'番台の決定版の製品化を期待しています。そうしたら総武快速の15連を製作する予定です。
期待できるのはGMかα-modelぐらいでしょうかね・・・

以下非公開コメ返信
-- 続きを読む --

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

キハ26 

CIMG0823_R.jpg
素組でほったらかしにしていたwinのキハ26・55に手を加えました。

CIMG0830_R.jpg
テールライトは無着色なのでクリアレッドで塗装。

CIMG0824_R.jpg
屋根も未塗装なので、GMのダークグレーで一気に片付けます。
ベンチレーターを別体化したり、塗り分けたりすると良くなりますが、KATOのものも同色一体なので手を抜きました。

CIMG0831_R.jpg
GMのダークグレーはKATOのキハ28の屋根色とほぼ同色です。
これはこれで綺麗すぎる気もしますが・・・

CIMG0833_R.jpg
それでもこの急行編成に動力車が無い問題は残ったままですw

あ・・・GMのキハ45・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

中央・総武緩行線201系 

CIMG0210_R.jpg
鉄コレの201系を購入しました。
今回の201系は今までと違い、軽装車がプロトタイプとなっています。

CIMG0140_R.jpg
一番目につくのがこちらでしょうか?
ブレーキユニットがむき出しの床下機器が新規で作られています。

CIMG0142_R.jpg
また、軽装車ではサッシが103系に準じた下段上昇・上段上昇式に変更されていますが、その部分も再現されています。

CIMG0148_R.jpg
CIMG0151_R.jpg
微妙な違いですが、分かりますでしょうか?
なお、201系では行先表示幕直下の窓のみ下段上昇・上段下降式ですが、その部分も作り分けられていました。
台車も量産車とは作り分けれていますし、この辺の作り分けは流石鉄コレと言ったところでしょうか?

CIMG0212_R.jpg
鉄コレの黄5号で塗られた電車は2作目となりますが、色も改善されていました。
一番上が最初に発売された鶴見線の101系
二番目が今回の201系
三番目がGMの黄5号で塗ったものです。
全て色が違いますね・・・
最初に発売された鶴見線の101系では色が明るすぎて違和感があったのですが、今回の201系では大分良くなっています。

CIMG0222_R.jpg
本来は今回の鉄コレも塗り替えるつもりで購入しましたが、面倒なので色が改善されていたのでこのまま使用していきたいと思います。
それでもGMの黄5号とは異なる色ですが・・・

CIMG0161_R.jpg
方向幕などは印刷済みですが、不満なので全て別売のステッカーに貼り替えています。
運行番号・編成札は富士川車輛、方向幕は鳳車輛のものです。
今回の製品ではガラスの裏側から印刷されていたので、面倒ですがうすめ液で落としてから貼っています。
ちょっと曇った('A`)
また、スカートも塗装の上、一部を黒で色差ししています。

CIMG0198_R.jpg
中間に入る運転台は製品のまま白幕です。

CIMG0173_R.jpg
側面も貼り替え。

CIMG0175_R.jpg
印刷済みの文字と比べると雲泥の差ですね。

CIMG0194_R.jpg
弱冷房車表記も印刷されていましたが、これまた不満なので電通車輌製造のステッカーを上貼りしています。

CIMG0153_R.jpg
列車無線アンテナはKATOのものに変更。
信号炎管もKATOのものに統一したいのですが、パーツが手に入らないのでとりあえず保留。

今回に限った事ではありませんが、連結器の加工もしています。
私は基本割高なN化パーツを購入したくないので、動力以外はプラ車輪というスタンスをとっていますが、連結器はそのままだと連結間隔が広すぎますし、安定しません。
CIMG0224_R.jpg
なので、連結器を取り外して2段になっている部分をカットします。
加工はこれだけです。

CIMG0230_R.jpg
後は再び戻して連結させるとこの通り。
画像は101系ですが、連結間隔が短くなりますし、カプラーの遊びが減るので連結しても安定しています。

ただし、
CIMG0231_R.jpg
今回の201系や一部の車両で同様な加工をすると、このように連結間隔が狭すぎてしまいます。
これはこれで実感的でもありますが、そのかわり確実にカーブで詰みます。

CIMG0234_R.jpg
そのため、201系では向かい合う連結面のうち、片側のみを先ほどの加工で短くします。
こうすることで、製品より連結間隔を短くすることもできますし、同時に連結方向を決めることもできます。

CIMG0236_R.jpg
上が製品のまま
下が片側だけ短くしたものです。
よっぽど過酷なレイアウトでなければこの程度で十分かと思います。

CIMG0238_R.jpg
TNカプラーと比べると連結間隔が広いですが、費用もかからず簡単な加工で出来るのでお勧めです。

CIMG0133_R.jpg
私の知り合いに、某運転会(?)で仙石線の73系8連wや京葉線の201系を走らせていた人がいますが、どちらも連結器がそのままらしく、良く突放したりと安定してなかったのが気になりました。
この加工でも完全に防ぐことは出来ませんが、それでも製品のままよりも安定するので暇があれば加工してもらえるとこの記事を書いた甲斐があります。ただ、京葉201を持っている人がこのブログを読んでくれているは分かりませんが・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

キハ28 

CIMG8479_R.jpg
KATOのキハ28を購入しました。
キハ26やキロ28とあわせて房総急行を再現するためです。

ただし、KATOのキハ28は似てないことで有名です。
CIMG8491_R.jpg
TOMIXのHGモデルと比べるとこの通り。
前面窓が縦に細すぎます。ここまで違いが出るものなんですね。
他にも車体はキハ58をそのまま流用しているという件もあります。

CIMG8500_R.jpg
そのため、キハ26が好きと言うこともありますが、基本的には中間に封じ込めようと思っています。
これとは別にキハ28主体の編成も計画はしていますが・・・

問題はもう1つあって、この編成には動力がありません。
キハ28の動力車が設定されていないのです。これも今後の検討課題ですね。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

トウ27 5 

CIMG7159_R.jpg
前々から探していたパーツを見つけることが出来ました。
KATOの双頭式連結器です。

CIMG7163_R.jpg
ということで、早速取り付け。
EF81には無加工で装着できます。

CIMG7173_R.jpg
これで、ようやくEF81-140が完成しました。
本来は復心装置があり、パーツも市販されていますが、機関車メインではないのでこれで完成とします。

CIMG7175_R.jpg
以前からこのブログを見てくださっている方には分かるとは思いますが、片側はTOMIXの双頭式連結器を取り付けています。

ということで、

CIMG7179_R.jpg
自連タイプのカトーカプラー

CIMG7181_R.jpg
密連タイプのカトーカプラー
E231の信号炎管が無いですね・・・どこへ行ったのやら

CIMG7183_R.jpg
そして、自連タイプのTNカプラー

CIMG7184_R.jpg
密連タイプのTNカプラー

さらに、
http://www.tec-station.jp/shop/ProductDetail.do?sub_genre_id=0&pid=JC19
こちらのアダプターを取り付ければアーノルトカプラーとも。

ということで、ダミーカプラーでない車両ならなんでも引っ張れるという万能機関車にすることが出来ました。

CIMG7185_R.jpg
でもやっぱり、最終的にはこれですかね。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

房総急行 

私が持っている車両の中で後輩から記事にしてほしいと頼まれた車両があります。

CIMG6584_R.jpg
それが、winのキハ26です。
今更で申し訳ない・・・忘れていた訳ではないんですが・・・

房総急行を模型で再現しようと買い集めていたもので、キハ26が4両、キハ55が2両あります。
今はTOMIXの素晴らしいHGモデルで製品化されていますが、アレを10連にする余裕は無いのでwin製のを購入した訳です。
win製品も定価は高めですが、全て特価品を購入したので鉄コレ並みの価格で揃えられました。

CIMG6592_R.jpg
流石にTOMIX製品には敵いませんが、なかなか趣が出ているように感じるのは私が実車をみたことが無いからでしょうか?
私はキハ26が好きなのでそれ主体の編成を組むつもりですが、雑多な編成じゃないと千葉らしくないので(?)他の気動車も編成に組み込む予定です。
少なくともキハ28が無いと始まらないので、KATOの製品を購入する予定です。似てないのが残念ですが、TOMIXのHGモデルとwinの車両を連結させると車輌の出来的な意味での遜色急行になりかねませんしね。本当はKATOからも非冷房車を発売してくれると嬉しいんですが・・・

CIMG6603_R.jpg
とはいえ、1両だけ持っているKATOのキロ28と比較してみると、この通り。
こうみるとKATOって凄いですよね。低価格ですし。

CIMG6597_R.jpg
窓のはめ込み精度もあまりよくありません。
こればかりは仕方ないですね。

CIMG6593_R.jpg
因みに塗装済みキットですが、屋根は塗られていません。
今は全て仮組なので、時間がある時に塗装しようと思っています。

また、キハ55とキハ26の違いは床下機器が変えてあるだけとなっています。
CIMG6600_R.jpg
また、その床下機器もKATOのキハ28/58のコピーとなっているので、実車とは異なります。

CIMG6618_R.jpg
このように色々と難点があるwinのキハ26ですが、手軽に遊べるという点では優れていると思うので利用価値はあると思います。
まだ増やしたい気持ちもありますが、winは倒産してしまったので厳しいかもしれません。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

103系 中央線色 

CIMG3589.jpg
さて、昨日購入した103系を見てみます。

CIMG3595.jpg
個人的にはKATOの103系高運転台車は方向幕の横幅がせまいのが気になります。
付属のステッカーはフォントが違うので他社のものを使いたい訳ですが、正確な150分の1スケールで印刷されているステッカーを使うとあふれてしまいます。
仮にジオマトリックスのステッカーを貼っていますが、これも切り詰めて貼っています。確認していませんが、武蔵小金井とか貼ると文字が欠けそうな気も・・・
そのため、前面をGMの関西形ものに変えようと思います。

CIMG3620.jpg
GMのものと比較。
微妙な違いではありますが、私はGMの前面の方が好きです。
KATOのテールライトの大きすぎ具合も分かりますね。

ただ、101系形国電を目下6編成製造中なので、それが終わってからでしょうかね。
それまでは暫定的にこのまま遊びます。

CIMG3582.jpg
とにもかくにも中央線の国電3世代が揃いました。
一番右だけ時代が違いますが・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top