FC2ブログ

カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誰得沖縄旅行記 

今更書き終わりました。
無駄に長い割にはつまらないと思います。

画像は一部除き、インスタントカメラの写真をスキャナーで取り込んだもの。


1日目

5時に起きる。最寄り駅まで徒歩。まだ夜があけてなく暗い。総武快速で友人と品川へ。
品川のえきめんやで朝食をとろうとするが、0630開店でまだ開いてないのでしばらく待つ。時間が押しているので最速で食べられるはずのざるそばを注文。急いでかき込む。
そして、0647のエアポート快特に乗る。車両は交通局の白い悪魔だった。(白カービィではない)0702に羽田空港着。
数名遅刻し副校長の逆鱗に触れる。絶対に許さないからな!!炸裂で思わず吹きそうになるがなんとか堪える。(わかる人にはわかるかと)
その後飛行機に乗る。飛行機は初めて。荷物検査では引っ掛からなかった。
乗機したのはJALの747-400の2階席。座席とか、圧迫感とか含めて車内は、217の2等車と同じ感じ。
機内は間接照明で暗いのでずっと読書灯をつけておく。それでも暗いのだが。
機内ではご利用ありがとうございましたが日英韓中×2でモニターに流れているが画質が悪すぎる。
しばらくしてから発機。滑走路まで無駄に時間がかかる。速度も遅い。
機体の前にカメラがあるらしく前面展望が楽しめるが画質が(ry。取り換えたほうがいいんじゃないか。
そして離陸。エンジン全開でかっとばすが滑走路が悪いせいかとんでもなく揺れる。そして大きなG(ゴキではry)がかかり離陸。
陸を離れても揺れる。酷いものだ。たとえるならば昭和30年くらいの酷道を200kmで飛ばした感じか。
上空に出ると安定して止まっているかのように飛ぶ。ただジェット音が五月蠅いが。しかし、たまにとんでもなく揺れる。
接客はJR東の方が上だと感じた。品揃えは航空機の方が悪い。飲み物は無料だったのだがね。飲食物は飴だけ。
機内ではNHKニュースを聞きながら機内誌を読んでいた。NHKニュースは前方のモニターとリンクしている。ただ、時刻が6時だった。録画か?
NHKニュースが途中で終わってしまったので暇だった。他のラジオチャンネルは音楽ばかり。
寝てたらいきなり着陸態勢。ああ揺れる。
着陸。那覇空港ではすぐ駅(?)に付き降りれた。暑い。
そのあと点呼取ってバス。用意されたバスは大東交通であった。
バスガイドさんは、恐らく全クラスの中で一番若く美人。これで勝つる!(?)
最初に向かうのはおきなわワールド。ついてみると普通にテーマパークで千葉あたりにあってもおかしくないくらい。
最初に昼食。ここで初めて沖縄そばを食べる。「そば」といってもそば粉は使ってないらしく、小麦粉で麺を作っているようである。
昼食後は玉泉洞に行ってみる。
某氏の言葉を借りるが、入った時の「湿り気をおびた、なんとなく生暖かい空気」の微妙に嫌な感じが忘れられない。洞窟内は寒いとあらかじめ聞いていたのだが。
洞窟内
洞窟内は観光用に整備され歩きやすい。ただ、唐突に水が降ってくるのはどうにかならんのか。焦る。


テレレテレレテレーレー
じゅうえんだま
じゅうえんだまをてにいれた!勿論演出です。

とか馬鹿なことをやっていたが、本当に10円玉(とか色々な小銭)が落ちていた。
小銭


玉泉洞からワープスターで脱出し、その後は自由行動。とりあえず私の班は果物園とか周り暇を潰す。
ハブ博物館があって、某氏が行こうと言い出すが、入場料が別で、たいして大きな建物でもないのに600円と、大変お高くなっておりますのでご遠慮させていただきました。
集合時刻まで時間があったのでアイスを食べ時間を潰す。
その後はバスで首里城へ向かう。

移動中にて。
風景
家の上の水タンクが沖縄らしく、沖縄へきたことを実感させてくれる。


首里城では多めに写真を撮ってきた。とりあえず、門がたくさんあったので手当たり次第撮っておく。
守礼門
守礼門
2000円札にもなった守礼門。

門
補修工事中orz

門2
補修工事中(´・ω・`)

門3
補修工事中/(^o^)\

首里城


城をバックに記念撮影をすると城内見学。唯一、城内で撮影出来る金色(だったはず)の椅子があったので撮ってきたが、ストロボを炊いていないため何がなんだかわからなくなってしまった。
城内

城より
城から
城内より。下の画像にはモノレールも。

城内見学が終わると、ホテルに向かう。ホテルからは沖縄都市モノレールが見える。
路線バス
モノレール



orz
まあ仕方ないですねorz

ホテルは門構えやロビーは立派だが、部屋に関しては本当に必要最低限のスペースしかなく、ベッドが人数分窮屈そうに置かれており、本当に狭い。風呂とトイレは一緒で2畳あるかないかぐらい。まぁ、部屋のランクにもよるだろうが。
夕食。事前にホテル(恐らく2・3日目の方だと思われる)や他のことに金を使いすぎたから、期待はするなとのことだった。詳しい感想は控えるが、まさにその通りだった。
部屋に戻り、暇つぶしタイム。とりあえず、風呂入って(前述の通り狭いのでシャワー浴びるだけでも一苦労)後は雑談等で暇を潰した。後はトランプ等のカードゲームなど。
後、近くにコンビニがあり、そこのみ利用可能とのこと。唯一の娯楽施設となった。私も数回利用した。
ここで沖縄限定の沖縄そばを購入。
沖縄そば
私  suica使えますか?
店員 西瓜(発音的にこっちのほう)ですか?
私   これなんですが・・・
店員 いや、ちょっと無理ですね・・・
やはり沖縄では使えないようである。


2日目

前日と同じく5時に起きる。
朝食は前日のことがあったので期待は望めない。それなのでコンビニであらかじめ飯を調達し、部屋で食べた。ホテルの朝食はサブ。朝食はバイキングだったので、ある程度は地雷を踏まなくても済んだのだが。
本日は那覇市を後に、ナゴ市へ。
名護

そうそう、コンビニを始めとしていろいろな店で美ら海水族館の割引チケットを売っていた。立派な観光名所のようだ。
名護市はともかく、那覇市でも多く見かけた。

沖縄自動車道を終点まで走り、名護市21世紀公園へ向かう。本日はそこでハーリーと呼ばれる舟でクラス対抗トーナメント。
海2
海
海が凄く綺麗で少し沖合でも底が見える。
東京湾とは大違い。

とりあえず、私の班は3回戦ぐらいで負けたが、私のクラスの別の班は優勝したので優勝景品であるみかんを貰った。あとは参加賞のハンカチ。
ハンカチ
ハーリーでは体の半分が濡れてしまった。
その後はバスで海沿いの道路を快走。気分がいい。しかし、途中からは至る所を掘り返していて、一部道が仮設だったりした。
そしてホテル着。

orz
orz

廊下は外にありマンションのようだ。部屋は前日とは比べものにならないほど設備が良く、広々している。普通にマンションのワンルームのよう。和室もある。公立高校にしてはやりすぎでもあるくらいだ。
また、呼び鈴がついていることもマンションに似ている。他校の友人が沖縄で泊まった所では、この呼び鈴で越後製菓ごっこが出来たらしいが、私の所では出来ない。しかし、その代わりにファミマごっこが出来た。(呼び鈴がファミマに入ると鳴るアレだったので)
夕食はバイキング。飯は前日のホテルとは違い、美味じゃ~(by王女ローナ)紅いも団子が大人気。補充されるたびに戦が巻き起こる。


3日目

同じく5時に起きる。朝食もバイキング。というかこのホテルの食事は全てバイキングだった。
本日、最初のメニューは体験学習。また沖縄自動車道を突っ走る。体験学習は洞窟大作戦探検。SDXのノリで選択w

洞窟探検異常なし、報告すべき点なし。


というわけにもいかないが。前回行った玉泉洞のように観光用に整備されてると思い、楽勝wwwとか思っていたが、実際は天然のままで障害物競争である。懐中電灯を消すと真っ暗。
どうやら戦争中、ここに逃げた人は全員助かったとか。おお!ありがたい!死者が出たとかだとちょっとアレですしね。
どんどん進んでいくが、前述の通り、天然のままなので歩きにくい。しかもくるぶしの辺りまで水が流れていたりする。油断するといきなり膝ぐらいまで水に浸かる。油断ならない。
中ではありがたい話を聞き、ワープスターに乗って脱出。玉泉洞もそうだったがいきなり水が降ってくるのは本当に勘弁してほしい。心臓に悪い。


orz
じゅうえんだまを(ry

そして、移動。飯を食べるためだけにフルーツランドへ行く。事前指導ではバーベキューとのことだったが、どうみてもこれは焼き肉である。

そしてメインイベント、美ら海水族館
美ら海
とりあえず、土産屋が混むため、先に土産を片付けようと、全展示物をすっ飛ばして土産屋に行く。私は何も買わなかったが。
出口で再入場スタンプを押してもらい一端、外に出る。そして、再入場。今度はゆっくり見て回った。内容は省く。世界一の水槽とか色々ある。
写真も撮ってきたがストロボをたいていないのでよくわからない写真になってしまった。
途中に無料のパンフレットが置いてあったので全16種いただいておく。あと無駄にパンフレットも全種コンプ。(日・英・中・韓)
出口付近にカプセルマシンが置いてあったので記念に一回やっておいた。
鮫

後はウミガメ館等の別館に寄った。ウミガメ館で撮った写真が水族館の中で一番良く撮れている。
ウミガメ

この後は時間があるのでイルカショーを見てみる。ショー自体は鴨川の方が上であった。
イルカショー

そしてホテルに戻る。水族館からホテルへはとても近く、徒歩でも十分くらいだった。
夕食はバイキング。今回の食事はミートソースを主体とした洋風にして見た。
今回の戦の元は鯛焼き。若い先生方も好んで選択していた。
本日中に荷物の発送の準備をしておく。送料が2500円で高すぎる。行きは800円だったのだが。

ホテルでは暇だったのでひたすら番組表で鶴を折っていた。
鶴
一番小さいのは結構自信作。


4日目

今日で沖縄旅行は最後。
朝食。今日はパンを主体にしてみた。
時間が押しているので、あっという間に詰め込む。この後に詰め込まれることはないので安心。逆にこの後にも荷物を詰め込むのだが。
荷物の発送手続きを済ませ、身軽になった体でバスに乗る。
また同じ海岸沿いの道路を通って沖縄自動車道をひた走る。そろそろ、景色も見慣れてきたが、今日で最後である。
途中で米軍嘉手納基地が一望できる休憩所によった。戦闘機の騒音が半端ない。確かにこれは近隣住民にとっては迷惑だろう。
この後しばらくして、国際通り着。

ここからは自由時間。
とりあえず、どんなものか見てみようということで県庁に一番近いおきなわ屋に行く。星のカービィマーブルガムを見つけ発狂。某氏と一緒にフルコンプする。
ガム

あらかじめ班員とは最初に三越に行って2月14日のお返しを購入することになっていたので(当日は3月13日)三越へいそぐ。
残念ながら副校長と鉢合わせしてしまった。しかし、三越まで連れて行ってくれるとのこと。
三越が見えてきたが、副校長の気まぐれで強制的に脇道まで連れて行かれる。だらだらと話を聞かされる。はっきり言ってどうでもいい。時間が無い。私は無視していた。こんなんで1日つぶすなんて絶対に許さないからな。
しかし、途中でこれ以上副校長と居ると時間がないと判断。すきを見て逃げ出す。ここで班を編成しなおす。決められた班での行動が義務だが、実際個人で行動している人もいたので問題ない。
某氏と一緒に三越に行きまず、お礼を購入。その後は適当な店に行き、紅芋タルト、雪塩ちんすこう、ハイチュウ等を買う。ほとんどがバスガイドさんのお勧めであるが。
土産

この辺で昼食。とりあえず沖縄そばにした。時間に余裕を持って行動しているためゆっくりできる。
車の数が多くなかなか列が進んでいない。バスとか定時運行できるのだろうか?
昼食後は某氏のおみやげ探し。

牧志駅からゆいれーるに乗る。自動改札機が独特なものであった。
あとは、2 那覇空港方面という案内板に組み込まれている、「電車が」「きます」のLEDはJR東のやつとフォントがまったく同じであった。優先席ステッカーもJR東仕様。
首里方面の案内が東急の女のひと、空港方面がメトロの男の人の案内。ホームドアチャイムはTX。ドアチャイムはメトロみたいなやつ。と東京とあまり変わりはない。
ただ、車内自動放送は聞いたことが無い人だった。また車内では音楽が流れる。
意外と乗車率が高い。
ゆいれーる
そんなこんなで目的の健茶王県庁前。切符は無効印を押してもらって持って帰ってきた。
県庁前
この後は集合を待ってからバスで空港へ。
行きはJALだったが帰りはANAだった。どうやら折り返しの飛行機が遅れているようで離陸が5分遅れた。
帰りの飛行機は777-300。またNHKニュースを聞こうとするが音質が悪すぎて何を言ってるのかわからないのでやめた。
機内の感じとしては行きと同じような感じ。
中略。
羽田着。結局遅れは30分にまで上った。
ここからは行きと同じく京急(車両は都営)で品川まで。
品川で京急1000のBトレを買って、横須賀線に乗り換える。
本当は2等に乗りたかったが、送料のせいで金がなかった。


感想とか質問とかあれば是非
スポンサーサイト

テーマ: 沖縄旅行

ジャンル: 旅行

△page top

« バトンメイン
食い物に 困るよ♪ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirby07fumu.blog21.fc2.com/tb.php/333-38f09207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top