カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

とある国電の六両組成S 

秩父鉄道の国電ツアーです。
前回は見に行きました(大失敗)が、今回は実際に参加します。

CIMG1903_R.jpg
熊谷発着なので久々の高崎線利用です。

CIMG1904_R.jpg
熊谷駅の側線では国電がスタンバイ済み。

CIMG1908_R.jpg
受付を済ませると丁度入線するところでした。

CIMG1910_R.jpg
京浜線色の1001Fが先頭。

CIMG1918_R.jpg
割り当てられたのは何とクハ101
モハでは無いので個人的には大外れです。

CIMG1921_R.jpg
途中の長瀞駅では時間調整があるので写真を何枚か。
やっぱり国電は長編成が似合いますね。
惜しいのは101系のスカイブルー、オレンジバーミリオンの混色が無かったことでしょうか。

CIMG1931_R.jpg
秩父駅でも休憩時間がとられているので色々撮り歩き

CIMG1937_R.jpg
CIMG1941_R_20130831224325dd8.jpg
併結部分

CIMG1943_R.jpg
一番原形に近い中間車
希望はこの号車でした。

そんなこんなで三峰口駅到着。
入換の後、撮影会が行われます。

CIMG1973_R.jpg
西武4000系は友情出演?

CIMG1957_R.jpg
本日の主役
検査期限の都合だと思いますが、101系の塗装の中ではマイナーな部類に入る京浜線色が末期まで残ることになるとは予想できませんでした。

CIMG1984_R.jpg
オレンジは秩父路特快のHM
初代リバイバルカラーの時に作られたものですね。国電のものとはフォントが異なりますが、これはこれで見てみたかったものでした。

CIMG1953_R.jpg
青はこのイベント用に製作されたHM
101系に丸いHMは似合わないと思っていましたが、このHMはなかなか良いものだと思います。

CIMG1986_R.jpg
撮影会が終了し、復路の準備が始まります。

CIMG1988_R.jpg
肝心の併結シーンは見逃してしまました。

CIMG1993_R.jpg
やっぱり皆の注目は併結部分のようですね。

CIMG2001_R.jpg
モハに乗れなかったのは残念ですが、この時代に101系の長編成を体験できたのは良かったと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道

ジャンル: 趣味・実用

△page top

« 新作
KATO 209系500番台 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirby07fumu.blog21.fc2.com/tb.php/2003-5d3cf6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top