カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

マイクロエース 205系500番台 

CIMG0754_R_20130603232727.jpg
マイクロエースの相模線用の205系500番台です。
物自体は発売当初に購入していましたが、今まで放置状態だったものです。
相模線は好きなのと、行き違いを再現したいために2編成の導入となりました。

CIMG0769_R.jpg
某社のキットはあまり似ていないのが難点でしたが、こちらは後発だけあって印象は良いです。
今にも近郊地域20番が聞こえてきそうです。
ステッカーは全てGMのものを使っていますが、ちょっと小さめかもしれません。製品付属のも寒川や原当麻が収録されて魅力的なんですが・・・

CIMG0763_R.jpg
側面も同様にGM製のものです。
ドアスイッチの印刷なども細かく鮮明ですね。

CIMG0765_R_20130603232735.jpg
銀の塗り分けもマイクロエースの得意とするところです。

CIMG0762_R.jpg
また、登場時と差別化するためだと思いますが、今まで未塗装だったベンチレーターも塗装されており、より実感的になっています。

CIMG0810_R.jpg
また、ライトユニットはシースルー構造になっています。

CIMG0812_R_20130603234007.jpg
CIMG0813_R.jpg
その方法はなんとLEDの足を空中配線することで実現しています。
この構造は珍しいですね・・・

CIMG0799_R.jpg
前面の印象は良かったのですが、側面窓にはちょっと違和感があります。
隅が丸すぎるのと、やっぱり窓枠が大きいですね。

CIMG0800_R.jpg
乗務員扉の窓も丸いです。
恐らく、先行量産車や阪和線の設計が流用されているんだと思いますが、他が良かっただけに残念です。

CIMG0790_R.jpg
モハ205の屋根を比較してみました。
上から鉄コレ・KATO・マイクロエースです。
こう見ると3種3様です。

CIMG0807_R_20130603234526.jpg
同じく床下も。
上がマイクロエース、下が鉄コレ
両方とも205系用に作られているので機器の解釈の差はありますが、大きな違いはありません。

CIMG0809_R.jpg
今度は下をKATOの鶴見線に。
ラウンドハウスブランドで、253系用のカバーが流用されているので全く違います。
実は通常製品でも211系用のが流用されています。
205系が好きな後輩がKATOの205系は抵抗器の数が多すぎると嘆いていましたが、彼にはどう映ることでしょうか。

CIMG0818_R_20130603234538.jpg
難点はありますが、全体的には良い仕上がりになっていると思います。

CIMG5158.jpg
どこかの路線みたいに全編成揃えたいとも思いましたが、やっぱり予算がありませんw
スポンサーサイト

テーマ: 星のカービィシリーズ(アニメ込)

ジャンル: ゲーム

△page top

« 続編
久々の鶴見線 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirby07fumu.blog21.fc2.com/tb.php/1919-6ce090fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top