カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

都営10-300形 

CIMG9300_R.jpg
時間が立ってしまいましたが、マイクロエースの都営10-300形です。
基本的な仕様はJR東日本のE231系に準じますが、車体寸法などは東急5000系に近く、他にも独自の仕様がとりいれられているため、自作は難しかったので念願の製品化でした。

CIMG9309_R.jpg
試作品の時には?と思った前面でしたが、実際の製品では見れるレベルに改善されました。
気になるところは無くはありませんが、この程度でしたら十分かと思います。
一番残念なのは前面手すりの位置でしょうか?

CIMG9352_R.jpg
ライトは種別灯も点灯します。
行先は各停本八幡にしましたが、新宿方前面だけ急行橋本にしました。種別灯を点灯させたかったというのが大きな理由です。
ステッカーは各停本八幡、各停笹塚、急行本八幡、急行橋本が収録されています。
快速や通快は収録されていません。確かに都の8連による急行運用はありますが、個人的なイメージだと8連は快速や通快だったので、その点が少し残念でした。
どうせなら、急行高尾山口、各停府中競馬正門前、各停瑞江等があれば面白かったのではと思います。

CIMG9302_R.jpg
側面はこんな感じです。
自作する際の肝だった前面の16本のリブも綺麗に再現されています。

CIMG9332_R.jpg
TOMIXのE231系と比較すると、ドア窓が横に広いのが目立ちます。
というか、全体的に大きいですね。

CIMG9327_R.jpg
控えめですが、転落防止幌も再現されています。
これ以上大きくすると、走行性能に影響が出てしまうので仕方ありません。

CIMG9335_R.jpg
台車もE231系と比べて軸距の大きいTS-1029・TS-1030が新規で作られています。

CIMG9337_R.jpg
パンタ周りもE231系と大きく違うところです。

CIMG9338_R.jpg
高いパンタ台が10-300形らしいですね。

CIMG9339_R.jpg
ラジオアンテナには配線も再現されていますが、オーバースケールなので省略でも良かった気がします。

CIMG9340_R.jpg
クーラー付近のランボードが拡大されている点も自作では面倒だった点です。

CIMG9341_R.jpg
床下機器のことは良く知りませんが、感心したのは制御装置。
緩行線でも良く見る三菱製のSC60型が再現されていました。

CIMG9344_R.jpg
同社のE231系800番台でも同機器が搭載されていましたが・・・
造形を見ると同じ機器とは思えませんね・・・

CIMG9348_R.jpg
ちなみにTOMIXのE231系シリーズは、床下は全て近郊型の流用のため、通勤型にも関わらず日立製のSC59が載ってしまっています。

CIMG9346_R.jpg
行先表示機も試作品から寸法が見直され、実車に近くになりました。

CIMG9365_R.jpg
地下形E231系
マイクロエースにはE231系800番台のようなものを製品化した前例があったので、期待半分不安半分でしたが、製品は試作品から大分改善されたのは良かったです。
この出来ならバリエーション展開も期待したいですね。

お隣のTOMIXの製品も、色々な理由があって記事に出来てはいませんが、流用個所はあるものの素晴らしい製品でした。

CIMG9370_R.jpg
こんな製品がある為、より良くみえるというのもあると思いますが・・・

CIMG9372_R.jpg
比較すると泣きたくなってきますね・・・
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

« 南入曽車両基地
更に103系 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirby07fumu.blog21.fc2.com/tb.php/1645-84502a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top