カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

営団丸ノ内線 

CIMG8633_R.jpg
KATOから営団丸ノ内線が発売されました。
試作品通り窓から投げ捨てたくなる出来ですが、予約してしまったのでちゃんと引き取ってきました。
製品は大きく分けて3タイプに分けられます。
先頭を飾るトップ画のHゴム化された500形、

CIMG8644_R.jpg
幌枠が付き、前面窓が原形の500形、

CIMG8649_R.jpg
そして、幌枠が付き中間に組み込まれた300形のセットです。
500形はどちらも標識灯が無くなった645以降の姿となっています。
両先頭車以外の幕は白幕でしたが、それだとあまり面白くないため適当に変えています。

CIMG8723_R.jpg
これらの製品では、設計意図が分かりませんが、アンチクライマーと渡り板、貫通扉が一体の別パーツ化されています。
塗り分けが来る場所でもないので、この通り目立ちます。
また、前面窓Hゴムと車体の隙間が目立ちます。KATOのはめ込み窓の制度ってここまで悪いものでしたっけ?Winのキハ26並です。
Hゴム化された前面は好きではありませんが、それでもこの酷さで台無しです。

CIMG8702_R.jpg
CIMG8690_R.jpg
いままでの画像でも分かるとおり、帯は別パーツ化されています。
しかし、エッジが丸く、光の反射などで別パーツと言うことがすぐ分かってしまいます。
ただ、白の発色をよくしたいという意図は分からなくも無く、帯がピンク色になるぐらいだったらこちらの方がマシですし、この程度でしたらまだ許せます。

CIMG8774_R.jpg
中間に組み込まれる車両は、全て幌が付いていますが、その幌は外すこともできます。
外したら外したで同じくアンチクライマー・貫通扉が別パーツですし、こちらに関しては幌枠が分断されるので更にひどいことになっています。
上でも触れましたが、仮に幌枠のモールドが無く、幌を外してアンチクライマーを変えれば先頭に立ってた姿に出来るというならば、別パーツ化した設計意図が分かります。
試しに先頭の500形と300形のアンチクライマーを入れ替えてみましたが、幌枠の有無のほか、切り欠き方が違うので隙間が出来たりはまらなかったりしました。この通りですのでいよいよ設計の意図が見えてきません。
ちなみに、先頭車のテールライトの導光材は細く折れやすいので、分解はお勧めしません。
また、別パーツ化したことで、貫通扉を基本とするパーツと車体色の色調があっていません。
中間に入る車両はテールライトが省略されていますし、KATOとしては先頭に出ることのないただの中間車としてしか考えてないのかもしれません。
とはいえ、実車では中間に組み込まれた車両の前面貫通扉は撤去されてたはずでは?中間車扱いでしたら、貫通扉が無い姿ならまだ納得がいきます。
記念品と言えどもこのままの姿で単品で売られますし、もうあきれるばかりです。
10mぐらい離れてみれば良く見えるんじゃないですかね?

CIMG8811_R.jpg
この通り酷評しましたが、RMM&GMのキットと比べて優れている点も多いです。
キットは多くのバリエーションを作れるように板キットですが、つなぎ目の処理が面倒で面倒で・・・合いも良くは無いので綺麗に作るのは相当骨が折れます。そのことを考えると、この価格で完成品が出たことに意義があるのかもしてません。
私も余力があればKATOの車両から前面がHゴム化されていない車両を先頭にした編成を作ってみたいです。幌が付きアンチクライマーが分割されている車両で先頭に立っていた車両も少数派でしたがいましたしね。(801-802ではないですよ)
他にも300形をどうにかして登場時の姿に出来ないかも考えています。

CIMG8729_R.jpg
ただし、このタイプの500形や400形が組み込まれた編成はキットで作る予定ですよ?
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

« 02
後2日 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirby07fumu.blog21.fc2.com/tb.php/1622-a74830fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top