カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

万系の試作品 

山田太郎ものがたり懐いなぁ・・・・
和歌山ラーメン食べたい

特急 元町・中華街
さて、先日カトーのセールスミーティングが行われ、色々な所で画像が公開されています。
私が気になるのは勿論東京メトロ10000系。

画像を見る限り、凄く良く出来ていると思います。
乗務員扉のステッカーまで表現するとは・・・
台車の立体感も素晴らしいです。
固定窓と開閉窓の奥行きの違いも再現されているらしく、こだわりが感じられます。

ただ、それとは別に気になることがあります。
CIMG4689_convert_20111215232232.jpg
まず、ドア窓の黒ぶちを再現している点です。
確かに、10000系はドア窓の淵の黒い部分が目立ちます。
KATOの試作品を見る限り、この部分が太すぎてHゴムみたいになってしまっているのが少し残念です。
某G社の○急600形のドア淵にも言えますが、無理に表現しないで省略した方がすっきりすると思います。

そして、パンタ車の配管が別パーツということ。
某社みたいな表現方法ですが、やっぱりオーバースケールに見えます。
たしかに実車はこのぐらい浮いていますが、車端の配管は屋根と一体なのでちぐはぐな感じです。

CIMG1726.jpg
後は貫通扉でしょうか?
ガラスへの印刷をモールドで表現しているのが気になります。
ここはGMと同じようにしてほしかったですね・・・

GMの10000系もいい出来でしたが、KATOのはそれを上回る出来だけに細かいところが残念ですね・・・
まぁ、しかしこれで安心して購入できます。
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

« 昨日の追記的な
更新! »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirby07fumu.blog21.fc2.com/tb.php/1375-264915a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top