FC2ブログ

カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

TOMIX 373系 

CIMG1057_R.jpg
TOMIXの373系です。

CIMG0750_R_20171030222226e5b.jpg
TOMIXの373系にはいくつかバリエーションがありますが、こちらは限定品の飯田線秘境駅号です。

CIMG0752_R_2017103022222740b.jpg
元々興味があったのに加え、とある理由があって4編成にまで増えてしまいました。

CIMG1120_R.jpg
1つ目の理由はパンタグラフが近年の使用になっていることです。
現行のホーンが2本のタイプが製品化されているのは飯田線秘境駅号のみ。
しかし、パンタグラフを交換してしまえば良いだけなので大きな理由にはなりません。

CIMG0753_R_2017103022222848a.jpg
その大きな理由はこちら。
インレタにJR東海のオレンジの小さなマークが4編成分収録されていることです。
通常の373系には収録されてはなく、113系などにも使えるインレタなので東海好きには欠かせません。
これが飯田線秘境駅号を複数個購入した大きな理由です。

CIMG1053_R_20171030222908db6.jpg
とはいえ373系も好きな車両なので色々と遊びます。
まずは製品通り飯田線秘境駅号としています。

CIMG1067_R.jpg
行先もジオマトのステッカーを使用して臨時です。

CIMG1034_R.jpg
CIMG1088_R.jpg
2編成目はセントラルライナー。
中央線を走ったときを再現してみたかったのでした。

CIMG1031_R.jpg
この仕様だけ少し前の時代なので、他の編成とは編成番号表記の位置を変えてあります。

CIMG1098_R.jpg
CIMG1111_R_20171030223411d0f.jpg
CIMG1078_R.jpg
3編成目はホームライナー浜松。

CIMG9121_R_2017103022341744c.jpg
初めて実車の373系に乗ったのがこのホームライナー浜松でした。

CIMG1126_R.jpg
そして4編成目が普通です。

CIMG1081_R_201710302234156aa.jpg
豊橋行にしてホームライナー浜松からの運用のつもりです。

CIMG1089_R_201710302238137cc.jpg
それぞれの編成で使用を変えてあるので、組み替えて色々遊べるようにしています。

CIMG1135_R_201710302238153cf.jpg
行先を気にしなければ、3編成併結し東京乗り入れも再現できるようになりました。
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

KATO 383系 

CIMG0984_R.jpg
今度はKATOの383系です。

CIMG0994_R.jpg
マイクロエースのも悪くはありませんが、やっぱりKATOの方が実車に似て格好良いです。

CIMG0988_R.jpg
KATOの製品の大きな特徴は振り子式機構が再現されていることです。
振り子式機構がついた車両は初の導入でして、曲線に乗せてみると本当に傾いています。
模型的に見ても面白いですね。

CIMG1001_R_201710162209000c6.jpg
KATOの製品で唯一残念なのが行先表示が印刷されていることです。
モールドすらないのでステッカーを貼ると出っ張ってしまいます。フォントも違うので気になりますね。

CIMG1004_R.jpg
こちらも貫通型先頭車をTN化しています。
ついでに印刷済みのしなののHMですが、色が変なので印刷を落として鳳車輛のステッカーを貼っています。

CIMG1010_R_2017101622090327a.jpg
KATOの車両はKATOカプラーに対応させるためスカートの開口部が大きめに作られているのが特徴ですが、383系に関してはマイクロエースの方が開口部が大きく不格好になっています。

CIMG0659_R_20171016221526fdb.jpg
実車と比べるとKATOのでも十分大きいのですが・・・

CIMG1015_R_20171016220859c51.jpg
KATOとマイクロエースのものを併結させてみても大きな違和感はありません。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

マイクロエース 383系 

引き続き溜まったネタを消化していきます。
CIMG0924_R.jpg
今回はマイクロエースの383系です。
待望の製品化でしたが、発表して割とすぐにKATOに被されてしまったちょっと可哀想なモデルです。

CIMG0939_R_201710012208598e1.jpg
全体的には悪くありませんが、クロ383はちょっと角張っていてKATOの方が似ています。

CIMG0951_R_2017100122090125d.jpg
貫通型先頭車はTN化しています。

CIMG0945_R_20171001220900000.jpg
KATOと違って行先表示がちゃんと開いているのがポイント。
ということでホームライナー中津川に。

CIMG0969_R.jpg
もう1つのポイントが先頭車の貫通扉を開けた表現にするパーツが付属していることです。

CIMG0974_R_20171001220907d2d.jpg
小田急60000形では両面テープで接着するようになっていましたが、383系はパーツを差し替えられるようになっています。

CIMG0975_R.jpg
試しに差し替えて見た図。

CIMG0957_R.jpg
ちょっと気になったのが、貫通型先頭車の帯の処理。
乗務員扉から前は帯の下の白い部分が微妙に黄ばんでいてからデカールで表現されているっぽい・・・?

CIMG0967_R.jpg
そしてライトのクリアパーツに表現されている枠。
これない方が良いような気がしますが・・・

CIMG0937_R.jpg
とりあえず、中央線のホームライナーがそろいました。

△page top