カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

渡り板 

タッチ!カービィ スーパーレインボーが発売されています。
残念ながらまだ購入出来ていません・・・

と言う訳で、別の話題です。

近鉄電車の渡り板は上り方と下り方で異なるものがあります。
CIMG5910_R_R.jpg
CIMG5965_R.jpg
アルミの通勤車等は良い例です。

CIMG0447_R.jpg
しかし、GMの製品ではどちらも同じ形をしています。

そこで、レールクラフト阿波座のパーツを使ってみました。
使用したのは近鉄先頭車前面パーツセット【2】です。

CIMG9219_R.jpg
塗装して取り付けただけですが、製品のものより大分実感的になりました。
ついでにワイパーもパーツセットに含まれているので交換。

CIMG9231_R.jpg
別角度より。
渡り板を留める鎖も再現できるのが良いですね。

CIMG9225_R_201501262359368cb.jpg
たたまれている方はもう少し傾けたほうがよかったかもしれません。

CIMG9232_R_20150126235940e0c.jpg
ぶつかりそうですが、TNカプラーで連結しても接触しません。
ただ、S字カーブなどではどうなるか・・・

良さそうなので、他の1026系にも取り付けたいと思います。
スポンサーサイト

△page top

近鉄1252系 2 

この前の1026系と一緒に注文していたものがあります。

CIMG0727_R.jpg
1252系の阪直仕様です。
既に1編成いますので増備になります。

CIMG0733_R.jpg
行先は希望を込めてこんな感じに。
こちらの制作も進めていきます。

CIMG0721_R.jpg
先日の1026系の車番変更も進めています。

CIMG0719_R.jpg
机の上が五位堂に・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

近鉄1026系 完成品 

CIMG0643_R.jpg
ようやく届きました。
完成品として発売になった近鉄1026系です。
渡り板や屋根上機器などは未塗装で、塗装済みキットを素組したのと大きく変わりません。
一番大きいのはライトが付くようになり、床板がGM完成品標準タイプのに変わったことです。
種別灯も点灯しますが、両側が点灯するので快急か回送状態となっています。私は右側だけ付けて急行にする予定でいます。

CIMG0645_R.jpg
最終的に発売まで不明だったVVVFマークの有無ですが、1026系に関しては基本・増結ともに無しとなっています。

CIMG0648_R.jpg
ロットごとに変わるマルーンの色調ですが、艶消しで旧塗装済みキットとは異なっています。
←旧塗装済みキット 今回品→

CIMG0649_R.jpg
しかし、相直対応車やVVVFロゴ無しの最近製作された製品とは大体同じようです。
画像では違く見えますが・・・
←相直対応車 今回品→

軽く見た後は未塗装部品の塗装や組み換えのため早速ばらします。

CIMG0655_R.jpg
そして、旧塗装済みキットにライトユニットを組み込みます。
加工は必要ですが、問題無く組み込めました。

CIMG0659_R.jpg
大きな加工としては車体上部に穴を開けることでしょうか。見えないところなのでラフに作業しています。
余談ですが、製品のライトユニットはぴったりはまっていて引っ張り出すのが不可能に近いです。そのため、完成品のも穴を拡大してから取り外しました。

CIMG0660_R.jpg
後は非集電タイプの床板を受けていた突起も削ります。

CIMG0657_R.jpg
後は、集電バネに押し下げられてしまっているスカートをなんとかしたいです。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

完成品化 


※画像は5800系

塗装済みキットを完成品化して先日発売された近鉄1026系と1252系。
しばらくは残ってるだろうと思っていましたが、量販店の多くでは早くも姿を消してしまっていたので、あわてて通販で購入しました。
基本と増結を購入し、塗装済みキットの屋根を合わせて組換の上で6連を組成させる計画でいます。
余った先頭車の床下・ライトユニットは別の6連を電飾するために使用し、それでも余る車体は1233系でも作ろうと思います。これでようやく鹿男あをによしで使用された1026系2編成を完成に持ち込めそうです。

ところで、京成3700系にも言えることですが、既存製品に組み込むためにもライトユニットの別売をしてくれないものでしょうか?

△page top

サ9310 

http://www.microace-arii.co.jp/news/kt8810.html
マイクロエースの近鉄8810系の試作品が早くも公開されています。
スカートの取り付け位置が低い気がしますが、それ以外は期待できそうです。

そして何より、サ9310(現行仕様なのでサ9350ではありませんでしたね・・・)の作り分けが素晴らしいです。

CIMG0331_R.jpg
同様の車体を持つGMから製品化されているアルミ車では、車体が5800系の流用のため妻面窓が小さかったのですが、マイクロエースの試作品では通勤車用妻面が再現されています。
それ用に作るので当たり前と言えば当たり前ですが、これを見るとアルミ車へのバリ展を期待したくなってしまいます。ガラスの押さえまで再現するとは・・・

CIMG0329_R.jpg
もし、マイクロエースから1026系が製品化されるならば、GMから製作中のは他のアルミ車にしてしまいましょうw

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

8810系・・・ 

どうやらマイクロエースから近鉄8810系が製品化されるようですね。
GMのキットを作る予定でいましたが、品薄なのか購入することが出来なかったので、完成品を購入してしまいそうです。
同時に9000系や9200系も製品化されるようですが、気になるのは9200系が4連化された現行仕様と言うことです。
ということはアルミ車体のサ9350も製品化されることになります。
他の近鉄アルミ車と同様の車体なので、1026系等でバリエーション展開されそうなのが怖いです。GMの塗装済みキットから製作中ですが、鹿男でロケに使われた車両と言うこともあって室内灯とかも付けたいのでその方が有難くもあるのですが・・・
そのままでも予算があれば京都・奈良線に残る9208F仕様に加工したいとは思っています。

余談ですが、京王8000系も同時に製品化されるみたいですね。
GMの前面はあまりにも似てないのが特徴でしたが、マイクロエースのは果たしてどうなることでしょうか?

テーマ: 鉄道

ジャンル: 趣味・実用

△page top

近鉄1252系 

CIMG0447_R.jpg
阪直対応の近鉄1252系が完成しました。
完成と言ってもまだ手を加えたいところはあるのですが・・・

CIMG0460_R.jpg
アンテナはTOMIXのものに交換した以外は基本的に素組です。屋根上機器も指定通り塗装しています。
ただし、腰高気味だったので車高は少し下げてあります。

CIMG0454_R.jpg
側面も昨日触れた方法で断面に色差ししています。

CIMG0458_R.jpg
阪直対応車のマークは印刷済みですが・・・
シリーズ21についているステッカーの方が質が良いと思います。

CIMG0476_R.jpg
前面行先はジオマトリックス製の阪神仕様の快急奈良・三宮。基本的には増結用に作りましたが、ブツ6を組成した時に前に立たせられるようにこの行先を選択しています。
前面の車番は従来品のものを並べ替え。製品に付属しているものはオーバースケールでした。
また、幌は付属のものが気に入らないのでとりあえず保留にしています。

CIMG0484_R.jpg
側面は近鉄仕様の快急奈良で統一しています。

CIMG0486_R.jpg
一応、完成はしたものの、優先席等のステッカーは貼っていません。

CIMG0487_R.jpg
このキットには行先や優先席ステッカーなどの表記が収録されたステッカーが付いてきますが、その品質が悪く使いたくても使うのをためらってしまいます。

CIMG0492_R.jpg
今まで私はGMのステッカーは品質が良いと思っていたので、新規で近鉄用のステッカーが製作されると聞いて喜びました。

CIMG0495_R.jpg
しかし、このキットに付属のステッカーは印刷面がモコモコしていてとてもじゃないけど使えません。

CIMG0493_R.jpg
方向幕も読めなくはありませんが、文字がつぶれてしまっています。
最初は不具合かと思いましたが、調べるとこのロットは全てこのタイプのステッカーのようです。このように印刷されたステッカーは阪直対応の近鉄車以外にも、GMの製品に付属するようになってきているようです。
一方、今まで通り綺麗に印刷されているステッカーもありますので、今後の製品では改善させることを願います。
当面の間はシリーズ21や2610系等の分売ステッカーを使うしかなさそうですね・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

近鉄電車製作の救世主 

タイトルが随分大げさですが、私にとってはそれぐらい衝撃でした。

CIMG0432_R.jpg
主にGMの近鉄電車はマルーンを印刷で表現しているため、窓の断面には印刷が届かないで白が残っています。
模型で見ると窓の淵に白い枠があるように見えて違和感がある訳です。
色差しすれば済みますが、前に失敗して1両ダメにしたことがあるのでなかなか思い切りが付きませんでした。

しかし、それを簡単に解決する方法を近鉄電車を製作している方が紹介されていました。(ネットサーフィンしながらだったので、どなたかは覚えてないのが残念ですが・・・)

CIMG0426_R.jpg
それがこちら、ガンダムマーカーのリアルタッチマーカーです。
その中のリアルタッチレッド1はキャップの色を見る限り、近鉄マルーンに良く似ています。

CIMG0429_R.jpg
ダメにした車体に試しに塗ってみたところ、完全な一致ではありませんが良い感じです。

CIMG0434_R.jpg
と言うことで、早速窓の断面に塗って見ます。
これが優れているのはサインペンと同様なので塗りやすいということと、水性なのでリカバリーし易い所にあります。
ただ、物が物ですので塗りムラが出来やすいという欠点もあります。

CIMG0435_R.jpg
窓をはめてみるとこの通り。
窓の断面なので、塗りムラも大きくは目立ちません。
そして、あんなにも目立っていた窓の断面が、ここまで簡単に改善できるとは思ってもいませんでした。

CIMG0439_R.jpg
比較してみると一目瞭然ですね。
左右でマルーンの色が違うのは仕様です。GMの近鉄車はロットによって色合いが微妙に・・・
これによって停滞している近鉄電車の制作に火が付きそうです。


近鉄ネタでもう1つ

当分の目標はドラマ鹿男あをによしで登場した1026系を2編成作ることですが、ドラマや自分で撮ってきた写真を見て気になったことがあります。
CIMG0117_R.jpg
この戸袋に貼ってある長方形のステッカーは何でしょう?VVVFマークでは無いですよ。
貼ってない車両もありますし、貼ってある車両もあります。(ドラマで出てきたVH27・VH29は(当時?)アリ)

CIMG0440_R.jpg
実はGMのステッカーにもそれらしき物が収録されています。

CIMG0441_R.jpg
試しに貼って見たところ、大きさはぴったりです。
ただし、内容は異なりますが・・・ドラマで出てきたのはさっきの写真のものと似ていました。
一種の広告なんでしょうか?知っている方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

4両編成の1026系 

CIMG0329_R.jpg
http://www.greenmax.co.jp/Product/GM4430-4433_kintetsu1026-1252_kyotonara.htm
GMから近鉄1026系の完成品が発売されることが発表され、非常に驚きました。
一瞬、新規金型かと期待しましたが、室内灯が非対応ですし、既存の塗装済みキットを組んでヘッド・テールライトを点灯させただけのようですね・・・

CIMG0331_R.jpg
車体も今まで通り5800系の流用で妻窓のエラーも直らないと思います。
ライトユニットには期待ですかね。
それよりも早くこれらを完成させろと言われてしまいそうですが・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

GMの新製品 

CIMG0130_convert_20120203142101.jpg
http://www.greenmax.co.jp/image/new_release/new_release_201202_poster01.jpg
GMから近鉄シリーズ21のバリエーションモデルと22600系の塗装済みキットが発売されるようです。
シリーズ21は既存製品のパンタとクーラーの違いを再現した製品のようですね。
最初からパンタ別売の塗装済みキットとして発売してくれればよかったと思うんですが・・・

CIMG5517.jpg
今作っている1026系はこのシリーズ21系列の車高に合わせようと思っているので、遅かれ早かれ導入を検討中です。
GMの近鉄アルミ車ですが、マイクロエースの301系並みに車高が高いんです。

22600系は完成品モデルとして発売されていましたが、GMの完成品は高価で手が出しにくかったのでキット化して手に入りやすくなるのは歓迎です。

CIMG0135_convert_20120203142256.jpg
私的に欲を言うならば12200系の方が嬉しかったのですが・・・
後、シリーズ21の塗装済みキット化も・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top