カービィとか地下鉄とか

星のカービィや鉄道について語ります。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

TOMIX 313系8500番台 

CIMG9706_R.jpg
TOMIXの313系8500番台です。
よく8000番台とも言われますが、3両編成なので私は8500番台と呼ぶ方が理にかなっていると思うのです・・・

CIMG9714_R_20170623224928b05.jpg
TOMIXの313系の特徴として、ガラスの桟が表面から印刷されています。
実車は1枚窓なので、裏側から印刷が入っているKATO製品の方が実感的です。
また、KATO製品は窓ガラスの色が各種作り分けられていますが、TOMIXのは無色透明です。

CIMG9720_R.jpg
座席も別パーツにはなっていますが、他車から流用されており座席配置が異なっています。

CIMG0762_R_20170623225039aa8.jpg
別パーツを取り付けられるような床板なのに、なぜ新規で作らなかったのでしょうか・・・
この辺りもKATO製品は各種作り分けられています。

CIMG0763_R_20170623225053f1e.jpg
ただし、KATOのものでも8500番台に関しては5000番台の座席が流用されており、セミコンパートメント席が再現されてなかったりします・・・

CIMG9716_R.jpg
締切表示はモールド、ドアスイッチは印刷です。
KATOのものでは8500番台ではどちらもモールドですが、1300・2300番台などではどちらも印刷です。

CIMG9733_R_201706232249332f7.jpg
それと、TOMIXの313系の特徴としてドアが浅いような・・・

CIMG9692_R.jpg
様々な意見を聞きますが、私は各種作り分けられてポイントを押さえているKATOの313系のほうが好きです。

CIMG9711_R.jpg
TOMIXのものはジオマトのステッカーでホームライナー瑞浪に。

CIMG0766_R_20170623225041706.jpg
KATOのものは3連しかありませんが、いつか再販されると信じて6連のセントラルライナーにしたいですね。
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

KATO キハ85 

CIMG9671_R_20170609231852360.jpg
KATOからリニューアル発売されたキハ85です。
ワイドビューひだや南紀での活躍が有名ですが、増結セットのみ購入しました。

i00451_R.jpg
理由は太多線で見たホームライナー太多を再現したいためでした。
あくまで、太多線・中央線の車両としての導入です。

CIMG9649_R_2017060923185035d.jpg
実車はひだの富山編成に2両を増結した5両編成。
増結セットが丁度これを再現できます。

CIMG9634_R.jpg
名古屋方先頭車は本来キハ85-200のようですが・・・
製品化されてないのでキハ85-1100で代用します。

CIMG9627_R.jpg
行先はジオマトのステッカーを使用して勿論ホームライナー。

CIMG9646_R_20170609231848817.jpg
CIMG9661_R.jpg
行先は入っていないので上りにも下りにも出来ます。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

グリーンマックス 京王8000系 

CIMG9554_R_20170530221651579.jpg
さて、今度はGMの京王8000系です。

CIMG9602_R_20170530221703d4d.jpg
この製品、GM製品では画期的な点がありまして、前面の行先表示が点灯するようになっています。
静岡鉄道のA3000形から採用されたもので、これからの新規金型製品は点灯するようになるのでしょうか?
なお、通過標識灯は点灯しません。

CIMG9624_R.jpg
GMの京王8000系では残念なことがありまして、前面から側面にかけての帯に連続性が無く段差になっていることです。
他の製品画像を見ると全体的にこんな感じのようです。
割と期待していただけに非常に残念です。

CIMG9587_R_20170530221659ea7.jpg
側面には窓枠のみ質感の違いが再現されています。
コスト削減なのか、京成や東武であったドア枠の質感差は省略されています。

CIMG9585_R.jpg
他に目新しい点としては新型タイプのクーラー。
製品化は初です。

CIMG9593_R.jpg
感心したのが、車椅子スペースの固定窓が再現されていることです。
サッシの印刷を入れないことで再現されています。

CIMG9597_R.jpg
ちなみに、マイクロエースのは他と同じ窓ガラスになっています。

CIMG9584_R.jpg
製品は中間運転台のアンテナやスカートが撤去されている姿が再現されていますが、私は一昔前の姿にしたいので分売パーツを使用して復元しました。
のちにTNカプラーに変えようと思いますが、連結面間隔が広いですね・・・

CIMG9579_R_201705302216552c0.jpg
CIMG9575_R_201705302216537b3.jpg
こちらにもマイクロエースのものと同様に、優先席とおもいやりぞーんを再現しています。
窓に貼る表示もGMから発売予定のステッカーに期待しているのですが果たして収録されるのか・・・

CIMG9613_R_20170530221705181.jpg
私的にはマイクロエースのものよりかなり期待していたのですが、思った以上に期待外れだったのが残念です。
逆に対して期待してなかったマイクロエースのものが良かったり・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

マイクロエース 京王8000系 

CIMG9473_R_20170525231544c64.jpg
さて、マイクロエースの京王8000系です。
GMのを予約していたので当初は購入予定にありませんでしたが、思ったより出来が良さそうだったのでつい購入してしまいました。
同社の9000系は窓から投げ捨てたくなる出来でしたが、気になる点はあるもののよく出来ています。

CIMG9540_R_201705252316003aa.jpg
プロトタイプは8714F。
この編成の一番の特徴はこの連結面ですね。
学生時代使用してた頃の仕様というのも購入の1つの理由です。

CIMG9504_R.jpg
車番のフォントが?ですが、銀塗装の塗り分けも同社の得意とするところで実感的です。
窓枠が太いですが、同社の都営10-000よりは気にならないので許容範囲でしょうか・・・?

CIMG9500_R.jpg
パンタは歪んでいるものが多いですが、これはもう改善されないんでしょうかね・・・

CIMG9529_R_201705252315598f2.jpg
この製品の一番のポイント、サハ8564のドア・戸袋窓にだけ薄い水色で塗られています。
実車と比べるとオーバーですが、これが結構実感的。

CIMG9507_R_20170525231550c44.jpg
特徴的なサハ8564ですが、屋根に手すりがついてしまっています。
実車の写真をみると実車には無いっぽいので、他車のを流用してしまった感じでしょうか?

CIMG9512_R.jpg
しかし、妻板は雨樋が内側になっていたりと、ちゃんと作り分けられています。

CIMG9542_R.jpg
前面のステッカーは仮にGMの塗装済みキットのものを使用しています。
優先席ステッカーも塗装済みキットのものより。
窓に貼るおもいやりぞーんも収録されているのですが、大型化されたものが収録されており、私が再現したいものと時代が合いません。GMの別売ステッカーに期待しているのですが・・・

CIMG9524_R_201705252315574a3.jpg
マスキングテープでおもいやりぞーんを再現していますが、妻面にもちゃんと貼っています。

割とよく出来ているマイクロエースの京王8000系ですが、いろいろと不可解な点が見受けられます。
CIMG9470_R.jpg
まずはウレタン。
マイクロエースのウレタンは水色なのが特徴でしたが、とある時期から白色のものに変更になりました。
しかし、京王8000系では、下敷きが白で車体を保護するものが水色と中途半端になっています。

CIMG9518_R_20170525231553116.jpg
次にサハ8564の車体です。どうもサハ8564だけ設計が違うようなのです。
先ほど窓枠が太めと記しましたが、なんとサハ8564だけ窓枠が細めに出来ています。
やれば出来るじゃないですか・・・
他の車両も同様の窓枠で出来ていれば決定版になっていたかも・・・?

CIMG9523_R.jpg
次にサハ8564のクーラー。
サハ8564に載ってるクーラーのみ大きく不格好なクーラーになっています。
実車は同じもののはず・・・

http://www.microace-arii.co.jp/poster/img/13_01_1w.jpg
考えられるのは、当初マイクロエースは通常の分割編成を製品化する予定でしたが、度重なる延期で発売中止になってしまいました。
その後新たに8714Fの製品化が発表されましたが、車体の設計自体は最初の頃に出来ていたのではないかと思います。
8714Fを製品化するに当たって新たにサハ8564だけ設計しなおしたため、こうなってしまったのではと・・・
真偽は不明ですが・・・

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top

N3000形 

さて、模型工房パーミルさんから待望のキットが発売されました。
C-4okJuUQAEoMeR.jpg
名古屋市交通局N3000形です。
うれしさのあまり2つ購入。

C_Clx2XU0AAM-6P.jpg
名古屋市交通局が好きな私としては、待望の現行車種です。
他には銘わぁくすの5000形、キッチンの3000形などがありますが、どちらかといえば旧型車両なので・・・

C_Dn8zEVYAA37eb.jpg
このキットはペーパーキットでして、車体のベースに外板を貼り合わせることによって制作します。

C-5u7VfXoAAshcW.jpg
ドア枠は別にシールを貼ることによって再現されます。

C-5MX-EWAAEP0Qc.jpg
とりあえず、1編成分の大まかな車体が完成しました。

C_JS9lXUIAAlxGK.jpg
妻面はちょっと寂しいので色付けしたいところ。

また、説明書では車体に貼り付けてからの塗装が推奨されている全面ですが、私は先に色を塗ってみました。
C_YbepeXoAEr9MG.jpg
N3000形の特徴的な全面が再現されており、完成が見えて嬉しくなってしまいます。
早いところ完成させたいですね。

C_DpkOlUQAADzKw_2017051323453151c.jpg
ところで、本命のこちらにも期待したいですね。

テーマ: 鉄道模型

ジャンル: 趣味・実用

△page top